2014年04月10日

映画「ぼくは怖くない」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 197 $の勝ち

レンタル農家には未だえのきが占領してますクルクル()( )( ) (  ̄) (  ̄ー) オハグロ( ̄▼ ̄)ニヤッ!
そしてしいたけを栽培しようと、
10日ほど前から鉢にしめじを栽培してるから現在は大量になってきました∑(。・。・。)(・.・。)(・.・、)ρ(・。・、)ρ(・~・、)ρ(・~ゞ) エグエグ

もうちょっとしたら植える予定!(・。・)ぷっ♪

早く来ないかな((((((((((((*ノノ) ヒドイワーッ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ここの所映画一筋な感じなのでお勧め映画の感想をご紹介させて頂きたいと思います!!\(-___________-;)/ワーイ??

はい??自分の感想は??
という突っ込みはスルー(≡ ̄ー ̄≡)ニヤドラ


本日は「ぼくは怖くない」の感想ですね。ヘ(゚¬゚)ノ~ ウケケケ...


この映画の製作年は2003年です!

監督はガブリエレ・サルヴァトレスで、脚本がニコロ・アンマニーティですキャハハ!!ミヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ彡アハハ!!

この映画のメインは、ジュゼッペ・クリスティアーノ (ミケーレ)やマッティーア・ディ・ピエッロ (フィリッポ)です!!!!( ̄~ ̄;) ウーン

DVDで鑑賞。



映像・音楽は美しい。



子供たちもかわいい。



ストーリーには度肝を抜かれました。



静かに物語は進行しますが、何か画面から力強さを

感じさせます。





主人公の少年の行動は一貫して正道で

、好感が持てて、イラつくことはなかった。



ラストは決してハッピーエンドとは

いえませんが、映像の美しさもあり、

爽やかささえ感じさせる。



観て良かったー、と感じられた作品で

した。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

麻雀の役って一杯ありますよね~。d(*'-'*)b イエーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は対々和に焦点を当てたいと思います!(* ̄▽ ̄*)ノ"


対々和(トイトイホー)("トイトイ"及び"トイトイホウ") 二飜
ひとつの頭と残りの4面子が、刻子(こうつ)や槓子(カンツ)といった同柄の牌を3枚以上ずつ揃える役。


例えば
①ピン ①ピン ①ピン 6萬 6萬 6萬 9索 9索 9索 4筒 4筒 4筒 一萬一萬 二萬二萬
を一萬及び二萬をツモ及びロン


複合役:役牌・三暗刻(さんあんこ)・三色同刻・混一色(コンイツ)・清一色(チンイツ)など


※手の内で、刻子(こうつ)を3つ作れていれば三暗刻(サンアンコー)(+2飜)、4つ作れば四暗刻(スーアンコー)(役満)です。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

対々和(出現割合:3.92%)
順子が無ければ良い単純な役。
しかし意外にその出現頻度を少なく、それでいて喰い下がりが無い対々和は鳴き麻雀を展開する人にとっては必ず視野に入れて打つ役である。「帯ヤオ九」以外にも「混一色」、さらに「三色同刻」も視野に入れるケースもあるだろう。ドラの副露の場合はハネ満まで伸びるケースも珍しくないので鳴きながらゲーム自体を終わらせる破壊力を持つ場合もある。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。o(´^`)o ウー



DORA麻雀の評判は??

今から数時間後には待ち焦がれた希の友だちとの麻雀です。
楽しみだ(〃^∇^)o_彡☆あははははっ



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 21:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。