2014年04月06日

映画「ジョンQ-最後の決断-」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 183 $の勝ち

本日は夕方から晴れだってさo( -_-)9@ ハリケーンアッパー!!

天気が良いならば外出してみよっと☆*~゚⌒('-'*)⌒゚~*☆ウフフ♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と燃えております!(V)( ̄∇ ̄)(V)ウッシャッシャッ
ってyahooに載ってる感想ですがイヒヒヒヒー♪ヾ(≧▽≦)ノ彡☆ばんばん!!


今日は「ジョンQ-最後の決断-」の感想を紹介したいと思っています(_ー_)逆ニヤリ


この映画が作られた年は2002年です。

この映画のメインは、デンゼル・ワシントン (ジョン・Q)とロバート・デュヴァル (フランク・グリムズ)です!!・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー

この映画の俳優さんは、デンゼル・ワシントン、ロバート・デュヴァル、ジェームズ・ウッズ、アン・ヘッシュ、レイ・リオッタ、ショーン・ハトシー、ローラ・ハリング、エディ・グリフィン、キンバリー・エリス、テッド・デミって感じですね(*≧m≦*)ププッ

良くも悪くもアメリカ的だな~と。



日本じゃ絶対無理。



親の愛・・うーん実際問題現実に起こり得るなら犯罪さえも省みずに

行動を起こすかもしれませんが・・自殺すると決断した時も残される奥さんや子供のことは

・・?そもそもこのような事態を起こしてその後の生活とか周囲を

気にしなければならないのを無視してますよね。

考えてたら行動なんて起こせないのもありますが

身勝手さが残るかも。



押し付けすぎみたいな。





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~。('-'*)フフ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は三槓子に焦点を当てたいと思います。(*'∇')ウフフフフ


最高の難易度を誇る二翻役。実戦で見ることはまず不可能、
というより狙うこと自体がメリットに対してデメリットが大きいです。


読んで字のごとく、槓子(4枚組)(4枚組)を3つ作ると成立する役。

ただ、手に4枚持ってても槓子(カンコ)とは認められず、暗槓なり明槓(ミンカン)なりしなくてはいけない((((((。。。(o_ _)oコケッ⌒☆《・・・・・》 |EXIT|

単純に4枚揃えるだけでも相当の難易度なのですが、それを3つ作る必要があるのですκ(`・´)κケケケケ♪


3鳴きが前提になるんですので、防御力も落ち、
対戦相手が4つ目のカンをした段階で「四開槓(スーカイカン)」となり流局になってしまう。

……が、これより上に「四槓子(スーカンツ)」なる役があるから困ったものですマタネ♪ヾ(゚-^*)≡(((((((*゚-)ノ |EXIT|


冒頭に「まず不可能」としたが、過言ではなく四暗刻(スーアンコー)あたりの役満よりも遥かに難しいという統計データも存在しますトウジョウ!( ̄( ̄( ̄-( ̄―( ̄―――+ ̄)― ̄)- ̄) ̄) ̄)フフ




当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三槓子(出現割合:0.005%)
実は役満と同じぐらい出現率が低いのが三槓子。
カンを三回やるだけ、というと簡単そうに聞こえるが、そもそも明槓をしたとしてもそう簡単ではない。それもDORA麻雀でも四回カンをしたら流れる「四槓散了」を採用しているので難易度はさらに上がります。加えて、ドラの扱いが非常に怖い。勝負手でカンを繰り返し結果的に三槓子なら良いが、「とりあえずカン!」を繰り返し三槓子が付く状態でテンパイしただけならむしろリスクの方が高いかも。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ・・・( ̄  ̄;) うーん


この辺りで!
しっかし今日は鼻が痛いなあ
さよなら~( ゚o゚ )オ(゚▽゚)ヤ( ゚・゚ )ス(゚━゚)/~ミー



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 21:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。