2014年04月05日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 93 $の勝ち & 映画「トロン:レガシー」の感想

結構体型がまずいことになってる。・°°・((((ノTTTωTTT)ノワーン!!
減量をしないとヤバス

こないだダイエットプーアール茶を大学院2回生の時の友達に凄い効果があると言われたので
試しに始めてみよかなヾ(☆o☆):ヲホホホホホホ・・・・

+++++++++++++++++++++++++

ここのところ映画に夢中になっているのでオススメ映画の感想を紹介していきたいと燃えております!!!\(^▽^)/

え??お前の感想は??
ってツッコミはスルーψ(○ `∇´ ○)ψイヒヒヒ


今日は「トロン:レガシー」の感想ですね!!( ⌒▽⌒)( ⌒▽)(  ⌒)(   )(⌒  )(▽⌒ ) ニヤニヤ


この映画の製作年は2010年です!

この映画でメインで出てくる人はサム・フリン演じるギャレット・ヘドランドです。・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド〔1984年生・女優〕、ブルース・ボックスライトナー、ジェームズ・フレイン、マイケル・シーン、ジェフリー・ノードリング、スティーヴン・リズバーガーってな感じヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

昨年の10月頃から劇場で予告編が流れ始めたほどの超大作だったが

、そのときも特に驚かなかった。



ひたすら画面が暗いし、登場人物たちのスーツは

どこか特撮ヒーローもののスーツに

似ているし、目新しい映像表現も無かったからだ。





実際に観てみると、まず冒頭に2Dで

撮影したシーンもある旨の注意書き。

事実、デジタル世界に入り込むまで

はほぼ3D撮影じゃなかったと思う。



肝心の3Dで描くデジタル世界だが

、最初のディスクバトルでイヤな予感が

し始めた。



この映画はハズレなんじゃないかと。





敵は無駄にトーマスフレアーなどの技を

するだけで、目を見張るシーンは特に

なく、背景も暗いので、3Dの醍醐味ともいえるスケール感が

感じられないのだ。



確かに、スーツや後ろに流れる乗り物の光は

「AKIRA」のように美しく、背景との対比で

鮮やかなのだが、イマイチ入り込めない。



ストーリーも気持ちが乗らない。





観に行ったのが金曜だったので、これなら夜の街に

浮かぶネオンサインに吸い込まれていった方が

まだマシだったと独りごちてしまった。





+++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は四槓子に焦点を当てたいと思います!!"( ^-^)/且☆且\(^-^ )"


一人で槓子(カンツ)を4つ作ってあがる事で成り立つ役満。
槓子(4枚組)はアンカンでもミンカンでも混合でもよい。


全ての役満、ひいては全部の役の中でもっとも難しい役とも言われており、
麻雀格闘倶楽部による役満記録の統計では、実際に全部の役満の中でもっとも記録が少なかった。
(ただし、麻雀格闘倶楽部は大車輪などの全ての人が知っている訳ではない
ローカル役満も採用しており、それらのローカル役満は四槓子よりも少なかった。)


槓を4回行うという時点で16枚の牌を必要とする訳で、通常であれば九連宝燈でしょうが
大四喜でしょうが14枚の牌で完成するのと比べればハードルが高い事が分かる。

(実際、三槓子(サンカンツ)の時点で役満である四暗刻(すーあんこー)よりも難しいという計算結果もある)

さらに、四開槓と言うルールのせいで、他の人に1回でも槓されちゃうとその時点で
四槓子(スーカンツ)が不可能になってしまうという弱点もありますばんばんっ!┃☆ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!


責任払いが適用されてしまう役の1つでもあります。

ただ、同じく責任払いの適用となる大三元や大四喜とは異なり、
どの牌を切れば大明槓(ダイミンカン)されるかが他の人からはまったくわからないから、
適用外とするところもある。

めったに出ない役とはいえ、事前に確認しておくのが無難である( ̄∇ ̄)


四暗刻(すーあんこ)と同様、役満のなかで使用する牌に一切の制限がない。

また役満のほぼが対々和(といといほー)形になりやすいため、
国士無双(コクシ)と九蓮宝燈を除く様々な役満と複合可能である。

ただし、天和・地和・人和とは複合することがない。これらにはチー・ポン・カンが
一切宣言されていないことを前提としているのでですね。


とはいえ、面前(めんぜん)で作れば四暗刻(スーアンコー)単騎が複合するから、
それだけでダブル役満(際によってはトリプル役満)にまで跳ね上がる。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

四槓子(出現割合:0.000234%)
都市伝説クラスの役満。
カンを四回すれば良いだけと説明は非常に簡単だが、実際に目にする機会は殆ど無い。
確率的にはワンランク下の三槓子で出現率の高い役満と同じぐらいの確率。
そこからさらにもう一度カンをするといった確率は、想像以上だろう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。「(ーヘー;)え~と...


今から6時間後にはついに中学の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかな(‐^▽^‐) オーホッホ

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 59 $の負け & 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の感想




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 21:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。