2014年04月05日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 93 $の勝ち & 映画「トロン:レガシー」の感想

結構体型がまずいことになってる。・°°・((((ノTTTωTTT)ノワーン!!
減量をしないとヤバス

こないだダイエットプーアール茶を大学院2回生の時の友達に凄い効果があると言われたので
試しに始めてみよかなヾ(☆o☆):ヲホホホホホホ・・・・

+++++++++++++++++++++++++

ここのところ映画に夢中になっているのでオススメ映画の感想を紹介していきたいと燃えております!!!\(^▽^)/

え??お前の感想は??
ってツッコミはスルーψ(○ `∇´ ○)ψイヒヒヒ


今日は「トロン:レガシー」の感想ですね!!( ⌒▽⌒)( ⌒▽)(  ⌒)(   )(⌒  )(▽⌒ ) ニヤニヤ


この映画の製作年は2010年です!

この映画でメインで出てくる人はサム・フリン演じるギャレット・ヘドランドです。・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド〔1984年生・女優〕、ブルース・ボックスライトナー、ジェームズ・フレイン、マイケル・シーン、ジェフリー・ノードリング、スティーヴン・リズバーガーってな感じヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

昨年の10月頃から劇場で予告編が流れ始めたほどの超大作だったが

、そのときも特に驚かなかった。



ひたすら画面が暗いし、登場人物たちのスーツは

どこか特撮ヒーローもののスーツに

似ているし、目新しい映像表現も無かったからだ。





実際に観てみると、まず冒頭に2Dで

撮影したシーンもある旨の注意書き。

事実、デジタル世界に入り込むまで

はほぼ3D撮影じゃなかったと思う。



肝心の3Dで描くデジタル世界だが

、最初のディスクバトルでイヤな予感が

し始めた。



この映画はハズレなんじゃないかと。





敵は無駄にトーマスフレアーなどの技を

するだけで、目を見張るシーンは特に

なく、背景も暗いので、3Dの醍醐味ともいえるスケール感が

感じられないのだ。



確かに、スーツや後ろに流れる乗り物の光は

「AKIRA」のように美しく、背景との対比で

鮮やかなのだが、イマイチ入り込めない。



ストーリーも気持ちが乗らない。





観に行ったのが金曜だったので、これなら夜の街に

浮かぶネオンサインに吸い込まれていった方が

まだマシだったと独りごちてしまった。





+++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は四槓子に焦点を当てたいと思います!!"( ^-^)/且☆且\(^-^ )"


一人で槓子(カンツ)を4つ作ってあがる事で成り立つ役満。
槓子(4枚組)はアンカンでもミンカンでも混合でもよい。


全ての役満、ひいては全部の役の中でもっとも難しい役とも言われており、
麻雀格闘倶楽部による役満記録の統計では、実際に全部の役満の中でもっとも記録が少なかった。
(ただし、麻雀格闘倶楽部は大車輪などの全ての人が知っている訳ではない
ローカル役満も採用しており、それらのローカル役満は四槓子よりも少なかった。)


槓を4回行うという時点で16枚の牌を必要とする訳で、通常であれば九連宝燈でしょうが
大四喜でしょうが14枚の牌で完成するのと比べればハードルが高い事が分かる。

(実際、三槓子(サンカンツ)の時点で役満である四暗刻(すーあんこー)よりも難しいという計算結果もある)

さらに、四開槓と言うルールのせいで、他の人に1回でも槓されちゃうとその時点で
四槓子(スーカンツ)が不可能になってしまうという弱点もありますばんばんっ!┃☆ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!


責任払いが適用されてしまう役の1つでもあります。

ただ、同じく責任払いの適用となる大三元や大四喜とは異なり、
どの牌を切れば大明槓(ダイミンカン)されるかが他の人からはまったくわからないから、
適用外とするところもある。

めったに出ない役とはいえ、事前に確認しておくのが無難である( ̄∇ ̄)


四暗刻(すーあんこ)と同様、役満のなかで使用する牌に一切の制限がない。

また役満のほぼが対々和(といといほー)形になりやすいため、
国士無双(コクシ)と九蓮宝燈を除く様々な役満と複合可能である。

ただし、天和・地和・人和とは複合することがない。これらにはチー・ポン・カンが
一切宣言されていないことを前提としているのでですね。


とはいえ、面前(めんぜん)で作れば四暗刻(スーアンコー)単騎が複合するから、
それだけでダブル役満(際によってはトリプル役満)にまで跳ね上がる。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

四槓子(出現割合:0.000234%)
都市伝説クラスの役満。
カンを四回すれば良いだけと説明は非常に簡単だが、実際に目にする機会は殆ど無い。
確率的にはワンランク下の三槓子で出現率の高い役満と同じぐらいの確率。
そこからさらにもう一度カンをするといった確率は、想像以上だろう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。「(ーヘー;)え~と...


今から6時間後にはついに中学の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかな(‐^▽^‐) オーホッホ

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 59 $の負け & 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の感想




おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 21:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「チャーリー」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 145 $の勝ち

きのうもあちーよv(*'-'*)oォヶォヶ♪

そんなわけでサンマが美味しい季節になりますキュー ……ε( o・ω・)

秋刀魚に合うものと言うと炊き込みご飯でしょうねヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ


これに軽く「富士錦」を飲むと最高ですщ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

--------------------------

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と考えています!!(ΦωΦ)ふふふ・・・・
ってヤフーにある感想ですが(*^日^*)゛グワッハッハ


今回は「チャーリー」の感想について紹介しようかと思っています!!キラッ ( = ̄+∇ ̄=)v イエーイ


この映画が作られた年は1992年です!!

監督はリチャード・アッテンボローで、脚本がウィリアム・ゴールドマンとブライアン・フォーブスです!!キャハハハ!! ヾ(@⌒∇⌒@)ノ彡☆バンバン!!

この映画の主役はロバート・ダウニー・Jr (チャールズ・チャップリン)、ジェラルディン・チャップリン (ハンナ・チャップリン)です。(ーー;).。oO(想像中)

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、モイラ・ケリー、アンソニー・ホプキンス、ダン・エイクロイド、マリサ・トメイ、ペネロープ・アン・ミラー、ケヴィン・クライン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ケヴィン・ダンってな感じ。[岩蔭|]^⌒)bうふっ

なんだろな~、この軽さ。



中途半端に描きすぎてなんだか期待は

ずれ。



著名な出演者もシーンが進むにつれあっさりフェードアウト。



特にエドナ・パーヴィアンスなんて出てきたの1分ぐらいじゃね?脂ののってた頃のチャップリンを

支えてた人物の一人なのになんか残念。



とっても濃い彼の人生を2時間ちょっとって描く時点で

もう無理っぽいね。



3時間でもたんねぇや。

ラストの一番の泣けるシーンを撮らずに

チャップリン映画を拝借して泣かせたってところは

有り得ませんな、全く。

スピーチを期待してたのに。















チャップリンの伝記じゃなく、チャップリンの女たらしさを

醜く表現した映画に僕は思えた。



--------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は三色同順を説明したいと思います!!ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。ワーイ!!


三色というのは凄く狙いたくなります役の一つですね。
ここでは、生徒役の西野と大先生}}役の熊谷の2人に出てきてもらいましょう。


・同じ並びの順子をピンズ マンズ ソーズでそろえる
・ポン チー ミンカンをした場合は2ハン→1ハンに食い下がる


熊谷『文字通り「三色」ですね。下の時は「123」の三色です。
一萬二萬三萬 1索2索3索 ①筒②筒③筒 刻子(こうつ)例}} 白白』


西野『「三色」で「同じ順子」をつくるから「三色」なんです。」


熊谷『他の役との相性も良く、下のような「純全帯公九(ジュンチャン)サンショク」のような形は綺麗です。』

    
熊谷『一昔前は麻雀役の花形扱いをされていました。

雀聖として有名な阿佐田哲也さんの言葉に「配牌を見たら三色を探せ」というのがあります。

配られた牌を見たら、まず三色が可能のような場所を探しだせってことですアヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ』


西野『一昔前は主役扱いだったってことは、今は違うのですか』


熊谷『どうでしょうか。何も三色同順(さんしょくどうじゅん)だけの話ではないですが、
現代麻雀ではやや「スピード」と「点数」の観点から不利になるんです要素があるのかもしれません。

まず赤ドラの影響で、難しい役を作らなくても、
ある程度の点数が確保されるようになったというのがあります。


阿佐田さんの生きた昭和の時代には、
まだ赤ドラがそれほど普及していなかったという時代背景もあります。』


西野『ポンやチーをすると食い下がって1翻になりますから、赤ドラ1枚持っているのと点数がかわらないんですよね。』


熊谷『それから「スピード」ですが、どうしても辺張待ち、
嵌張(かんちゃん)待ちなど不利な待ちを残すことになる時も多いのでスピードが落ちます。
狙いすぎると時間がかかります。


東風戦のような短期決戦の際は、
大差で勝つというより僅差で逃げきる場合も多いですよアセアセ...A=´、`=)ゞ


現代の麻雀の主流が「大きな手をドカンとアガル」ことよりも「細かい点数を早く数多く和了る」といった感じで、
打点よりも上がった回数にシフトしているのも大きな原因でしょう。』


西野『ボクシングでいえば、派手なパンチでノックアウトする展開が、
細かいジャブを当ててポイント判定で逃げきるみたいな試合展開になってるって感じですよね(・・*))((*・・)んーん』


熊谷『そうですね!リョウカイッ!( ・Θ・)ゞピヨッ!!
「純全帯公九」や「混全帯公九(ちゃんた)」ほど影響は少ないにしても、
やや主役級の扱いから重要度としては格下げされた感じがするのは確かです。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


趣味を楽しむための・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

三色同順(出現割合:3.46%)
三人麻雀を好む人は三人で打つ麻雀のテンポを好み、逆に四人麻雀を好む人は三色があるから四人麻雀! と言われるぐらい人気のある手だ。
牌効率と平和を視野に入れて打つとき、選択肢の一つとして睨んでおかなければいけないのが三色同順。二翻役でいながら基本的に平和が絡むので、四飜で満貫が見えると錯覚しがちだが、実際には20符四飜=5,200点や30符4飜で7,700点になりやすいので初心者でトップを狙う場合は注意が必要。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ('-';A エーット,,アノォ..ソノォ...


今日はこの辺で
しかし今日は何故か手が痛い。。治ってほしいなあ。。
腹を冷やさないようにして寝ます。おやすみ~。オヤスミ♪<(゚ー^)ノ^*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆



おすすめ記事




posted by DORA麻雀 at 13:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。